11cut 美容室イレブンカット

0120-729-997

美容師が市販のシャンプーを勧めない理由

ほとんどの美容室でお客さんにシャンプーする時には市販のシャンプーは使わないですが、それが何故だか知っていますか?
そこで今回は美容師が市販のシャンプーを勧めない理由についてご紹介したいと思います。
和泉市での求人探しの合間の息抜きにぜひ読んで下さいね!

洗浄力やコーティング力が強いものが多い
市販のシャンプーは洗浄力が強い事を知っていますか?

美容師はシャンプーをするのは「髪の毛を洗うもの」と考えるだけではなく「髪の毛をケアするもの」として考えます。
ですので洗浄力の強い市販のシャンプーを使うと髪の毛をバリアしてくれるキューティクルまで一緒に洗い流してしまうのを避けるために、市販のシャンプーは使わないようにしています。
それは髪の毛が傷むとパーマやカラーの持ちが悪くなり薄毛やフケの原因にもなってしまうからです。

またコーティング力の強いシャンプーは洗髪後に一時的にはサラサラになりますが、それはシャンプーの中にシリコンと呼ばれるコーティング剤が入っていて、コーティング剤は髪の毛だけではなく毛穴にまで浸透し油膜を張るので髪の毛や頭皮が呼吸できなくなってしまい頭皮トラブルの元になるからなのです。

イメージや間違った情報で選んでしまう

最近ではシリコン入りのシャンプーは髪の毛に良くないと言われ、ノンシリコンのシャンプーをインターネットや雑誌でもノンシリコンのシャンプーを勧める記事を良く見ますが、確かに少量のシリコンならば問題はありませんが大量にシリコンが入っているとシリコンはお湯では流れにくく、髪の毛に残ると毛穴をふさいで抜け毛などの原因になります。

また市販のシャンプーには実は傷んだ髪の毛を補修する効果を得られる物はなく、シリコン等のコーティング剤で表面だけサラサラとしているように見えるだけなのです。
ですからh「髪の毛がサラサラするから」「洗い心地がさっぱりとして気持ちいいから」と思って使っていても実は髪の毛や頭皮にとっては良くないものだったりします。

毛質・頭皮の状態に合っているのか分かりにくい

市販のシャンプーを買う時はドラッグストアーや専門店で自分で選んで購入しますね。その時に今の自分の髪の毛の質や頭皮の状態に合わせて購入するのではなく、自分の好みで購入していませんか?

たとえば髪の毛が傷んでいて本当はダメージケア用のシャンプーを使った方がいいのに、自分がなりたいサラサラタイプのシャンプーを選んだりします。
そうするといつまで経っても髪の毛はダメージケアされません。

髪の毛の質や頭皮の状態は自分では見分けがつきにくく、自分に合ったシャンプーを探すのなら美容室で購入した方が良いと言う訳です。

まとめ

髪の毛のケアのためには市販のシャンプーではなく、美容室で自分に合った物を購入していつまでも綺麗な髪の毛でいてくださいね!