11cut 美容室イレブンカット

0120-729-997

美容師の平均年収ってどのくらい?
気になる相場は…

美容師になりたい方や興味のある方は、やはりその平均年収についても気になるのではないでしょうか。年収は就職や転職の求人をみて検討する部分でもあります。そこで今回は、美容師の実際の給料について相場はどのくらいなのかご紹介します。

美容師の平均年収は300万くらい

美容師というと、華やかでおしゃれなイメージがある方も多いのではないでしょうか。ヘアカタログなどの特集で雑誌に自分が担当したヘアスタイルが紹介されたり、有名なモデルや芸能人を担当すると人気の美容師として話題になったり、カリスマ美容師として有名となったり、さまざまな方がいます。美容師は専門の美容学校を卒業して、就職したサロンで技術を磨いていくわけですが、その道のりは決して簡単とはいえません。カットを担当するまでにかなりの時間がかかったり、閉店後に遅くまで技術の練習をしたりと地道な努力の積み重ねが必要になります。また、勤務先によって個人差はありますが、平均的な年収は300万円ほどと決して高収入であるとはいえません。

給与形態は「完全歩合」or「固定給+歩合」が多い

普通の会社員であると、給料体系は固定給になることが多いででしょう。美容師の場合は、完全歩合または固定給に歩合が付いた給料体系が主流です。完全歩合は、自分が担当した人数やメニューの分だけ給料に反映されます。担当人数が多ければ多いほど給料もその分上がるので、人気のあるヘアサロンや自分を指名してくれる固定客がついている方には有利な給料体系いえるでしょう。反対に美容師になりたての方であまり指名も多くない場合は、給料自体も低くなってしまいます。固定給と歩合の場合は、毎月支給される給料は固定で決まっていて、さらに自分が担当した人数やメニューなどが歩合として加わります。そのため、新人の方や指名が少ないといった場合でも安心して働くことができるでしょう。

安定を望むなら固定給のサロンを探すのがいい

「完全歩合」と「固定給+歩合」の給料体系には、それぞれメリットがあります。しかし、技術を積み重ねている段階の方や固定客がそこまでついていない方は、固定給のサロンを選ぶほうがよいといえます。完全歩合であると、そのまま給料に反映されるので自分が担当した人数などの稼働実績に比例して給料も上がり、やりがいも感じられるでしょう。その反面、まったくお客さんが来ない日が続く可能性もあり、浮き沈みがはっきりすることも多いです。給料が毎月違うと、不安になってしまうこともあるでしょう。固定給は毎月定額の給料をもらうので、いくら自分が稼働しても同じではありますが、その分安心感を得られます。そうした安定した環境で働きたい方は、堺市で固定給のサロンを見つけてみてはいかがでしょうか。