11cut 美容室イレブンカット

0120-729-997

美容師見習いとスタイリストの違いは?
給料や仕事内容に迫る

華やかな世界で活躍しているイメージの強い美容師ですが、実際の給料や仕事内容はどのようになっているのでしょうか。そこで今回は、給料や仕事内容、見習いであるアシスタントとスタイリストの違いについてご紹介します。

給料:アシスタントは修行期間…稼げるのはスタイリストになってから

美容師の気になる給料についてですが、アシスタントとスタイリストで差があります。アシスタントは一人前のスタイリストになるまでの修行期間ともいえるポジションであり、個人差はありますが大体3~5年となっています。アシスタントの月給は20万円以下になることも普通であり、スタイリストになるまで節約をしなければいけないことも出てきます。ですが、一人前のスタイリストになれば、生活にも余裕を持つことができます。また、人気のサロンに就職したり、指名をたくさんもらえるような人気スタイリストになったりすると、さらに高い給料を望むことも可能です。アシスタント時期は一人前のスタイリストになるための修行や勉強の期間として、忍耐強く努力することが大切です。

仕事内容:カットをできるのはスタイリストのみ

アシスタントとスタイリストで仕事内容も異なります。アシスタントは、基本的にスタイリストの補助業務にあたりますが、接客や電話応対、店内の清掃などの雑務も含めて行います。業務に慣れてくると、実際にお客さんのシャンプーを任されることもありますが、技術が必要となるカットはスタイリストになるまで行うことはできません。お客さんの要望に合わせて、どのようなスタイルでも再現できるようカットの技術が優れている必要があります。そのためアシスタント時代には、一人前のスタイリストになるための店舗業務に必要な知識を覚え経験を重ねながら、カットやカラーリングなどの一通りのメニューの技術練習を閉店後などに行うのが基本です。

スタイリストになるには早くても3年は掛かる

一人前のスタイリストになるのは、アシスタント時代にどれだけ努力をしたかに関わってきます。しかし、どれだけ頑張って修行を積んでも早くて3年はかかるでしょう。すべてのお客さんに満足してもらえるような高い技術力や提案力、コミュニケーション能力はすぐに習得できるものではありません。アシスタントという一定の期間に培うことで、その後のスタイリストになったときに実を結びます。美容師は技術職であるので一生仕事に困ることはなく、全国にサロンがあるので居住地が変わっても働くことができるでしょう。それを考えると、アシスタント期間は決して長いわけではなく、スタイリストとして長く続けていくための大切な時間といえます。和泉市にも多くの美容師求人があるので、スキルアップのための就職や転職も可能です。