11cut 美容室イレブンカット

0120-729-997

繊細な手の動きが求められる美容師って
指輪をつけてもOK?

美容師の中に指輪をしている人を時々見かけますが、「お客さんの髪の毛を触ったりシャンプーしたりするけどそれって大丈夫なの?」と時々聞かれます。そこで今回はそんな疑問に付いてご紹介したいと思います。
和泉市で求人探しの合間に少し休憩して読んで下さいね!

そもそも美容師は指輪をつけて仕事をしてもOKなの?

美容師の中にはファッションリングやマリッジリングを付けて仕事をしている人を時々見かけると思いますが、美容室では爪に対しては「長い爪は禁止」「ネイル禁止」と言う決まりはあっても指輪やネックレスなどのアクセサリーを付ける事を禁止していないところがほとんどで、指輪を付ける付けないは美容師本人に任せている美容室が多いようです。

美容師は仕事柄オシャレに関して敏感な人が多いのでファッションの一つとして指輪を付けている人がいますが、パーマやカットの施術中に支障があるならば外しますので特に問題はありません。

仕事のジャマにならない指につけている人が多い

指輪を付ける時にはその指輪のデザインにもよりますが、基本的には大振りの指輪の場合は利き手はカットをする時にはさみを持つのに邪魔になるので利き手ではない方の指に付け、マリッジリングなどシンプルな指輪は付けたい指に付ける美容師が多いですね。

薬指以外では小指に指輪を付けている美容師をたまに見かけますが邪魔にならない指と言うことで小指にしていると言う訳です。

美容師の仕事は指輪が変色する可能性があるので注意

美容師は仕事柄いろんな化学物質が入ったパーマ液やヘアカラー剤を使うので施術中に指輪を付けていると指輪が変色する可能性があります。
たとえばパーマ液には硫黄成分が入っている物を使っていると、ホワイトゴールドや18Kの物はが変色しやすくなり、ダイアモンドは白髪染め液で変色する場合があります。
またシャンプー剤はシルバーの指輪は黒っぽくなりピンクゴールドは緑色っぽくなってしまいます。
変色しにくいのはプラチナ?純金でそれ以外の金属は変色したり色がくすんでしまうので、大切な指輪やお気に入りの指輪をする時は気をつけましょう。

また指輪を付けてパーマ液やヘアカラー剤を扱っているうちに指輪を付けている部分に湿疹ができたりかぶれてしまい、金属アレルギーのような症状になりやすくなります。特に指輪の素材の中にニッケル?クロム?銅?錫が入っている場合は要注意です。
美容師は仕事柄1日に何度も手を洗い、化学物質が入っているパーマ液などを触るので手が荒れやすくなっている上に指輪のしたに液が混入してそれが金属と反応してかぶれてやすくなるのです。

指輪の変色や指荒れを防ぎたいのならば指輪は付けない方がいいかもしれませんね。

まとめ

美容師が仕事中に指輪を付けることは問題はないですが、指輪の変色を防ぎたかったり金属アレルギーが心配ならば指輪しない方がいいかもしれませんね!