11cut 美容室イレブンカット

0120-729-997

美容師のハサミはどうやって選べばいいの?

美容師が使うハサミは大きさや長さ、刃のタイプなど、様々な種類のものがあり用途によってもハサミが変わります。ではどのようにしてそのハサミを選ぶのでしょう。自分の手に馴染むかどうかでしょうか。或いは切れ味でしょうか。堺市で美容師の求人を探している人に向けて、美容師のハサミの選び方を紹介していきます。息抜きにして下さい。

ハサミ選びのポイント①ハサミ(刃)の種類

ハサミを買う時のポイントはいくつかに分かれますが、そのうちのひとつの刃の種類についてです。

「直刃」は凡用性が非常に高いため、ほとんどの美容師がメインのハサミとして使っていると言っても過言ではありません。これが「直刃」の最大の特徴と言えるでしょう。「笹刃」は切っ先に向かって毛束が逃げるようになっているので、乾いている時の髪を着るのに適しているハサミで、評価が高いハサミでもあります。「柳刃」は直刃と笹刃の中間のような存在であると言われています。曲線で髪が適度に逃げる仕組みになっています。

用途によってハサミを使い分けなければならない理容師は、剛毛や猫っ毛などの髪の特徴と刃の役割とでハサミを選んでいます。

ハサミ選びのポイント②ハンドルの型

美容師のハサミを選ぶ上で大切な、ハンドルの形についてです。

ハンドルとはつまり持ち手の部分のことです。「メガネ型」「オフセット型」「3D型」の三種類があります。

「メガネ型」は一般の方も馴染みが深いのではないでしょうか。持ちてがメガネのような形をしており、このタイプは髪をカットする時も、スライドして髪を切る時でも、バランスよく安定して髪を整えることが出来るので、多くの美容師が基本のハサミとして使用しています。

「オフセット型」は指への負担が少ないのが特徴のハサミで、小刻みに動かしたい時に使用すると便利だとされています。
「3D型」は立体的になっているのが特徴のハサミで、しっかり指にフィットするので重宝されているハサミと言えます。

ハサミ選びのポイント③サイズ・長さ

ハサミ選びのポイントのうちのひとつ、ハサミのサイズ・長さについてです。

理・美容で使われるハサミの大きさはセンチではなく、インチで表します。その理由は恐らく、ヨーロッパ技術を手本にしたからだろうと言われています。
一般的には5インチから0.5インチごとに増え、7インチまであります。
ではどうやってインチを選ぶのかと言うと、お客さんの客層で決めます。女性が多いのであれば、女性の髪に適した大きさのハサミを。男性が多いのであれば、男性の髪に適した大きさのハサミを選びます。6インチのハサミが一番多く使われているようです。ハサミのサイズや長さは、客層を参考にしながら選ぶのがオススメです。

いかがでしたでしょうか。
ハサミの選び方の参考になれば幸いです。